なぜ骨壷に水が溜まる?
その解決方法もご提案します。

お墓の納骨室(カロート)に安置されている骨壷の中に水がたっぷり溜まっているのを見たことはありませんか?

納骨室内は完全な密閉空間ではないうえ換気状態も悪いので、地中からの湿気が充満していて常にジメジメしているのです。
骨壷もまた完全な密閉状態ではないため納骨室内の湿気が骨壷内にも侵入してしまいます。
その骨壷内に侵入した湿気が気温の寒暖差で結露して水滴となり、その水滴が少しずつ骨壷内に溜まっていくのです。
古い骨壷などは口元一杯まで水が溜まっているということも決して珍しくありません。

「ご遺骨は溶けると水になるらしい!」と言っている年配の方をたまにお見かけしますが
ご遺骨はしっかりと残っていますので、決してご遺骨が溶けている訳ではありません。

でも骨壷内に水が溜まるって、あまり気持ちのいいものではありませんよね。
もし自分がご遺骨の立場だったら「常に水に漬かってたらふやけちまうじゃねーか!!」と
文句を言ってしまうかもしれません。。。

では骨壷内に水を溜めない方法はあるのでしょうか?

骨壷に水を溜めないようにする方法

一番大事なのは骨壷内に侵入する湿気を防ぐ。これに尽きます。

耐久性の低いセロテープなどではなくアルミテープなどで骨壺の蓋を厳重に留めるということはかなり有効な手段のひとつです。
ただ、アルミテープの粘着性の耐用年数も、湿気の多い納骨室内でどの程度持つものなのかは定かではありません。

あとは納骨室内を換気することで湿気を軽減するのも有効かもしれません。
最近新たに建墓する場合には、あらかじめ納骨室の石に換気用の穴を2カ所空けることも珍しくなくなってきました。
でもこの場合も、だいぶ湿気は軽減はされますが「完全に湿気をシャットアウト!」という訳にはいきません。
押し入れなどに入れる除湿剤などはお話になりません。毎日数十個単位で交換できれば別かもしれませんが。。。

後は多少の湿気は諦めて、骨壷内に水が溜まらないようにすることを考えるのもひとつです。
例えば、

などなど…。

当社ではお客様のご供養のお気持ちを大切にしております。
埋葬する(埋葬した)骨壷に水が溜まらないようにしたいというご相談にもご対応させていただきます。

墓石、お寺、お墓のことなどお気軽にお問合せください

株式会社 中島石材
〒134-0003 東京都江戸川区春江町4-17 B-101(事務所)
〒132-0024 東京都江戸川区一之江7-34-15-101(作業場)
TEL 03-3654-9280
FAX 03-5879-3180
メールお問い合わせはこちら


中島石材のブログはこちら

中島石材・代表 中島のお墓と仏教の豆知識コラム